自然治癒力で精力回復

自然治癒力で精力回復

自然療法で、精力が復活したという例は数多く報告されています。

 

そもそも、自然療法とは自然治癒力を高めて、体全体を健康に戻すということですから、健康なら当然あるはずの精力も復活してくるものです。

 

また、精力減退の原因は、特に生殖器と勃起機能の衰えだけでなく、便秘や宿便だったということもあるのです。

 

これは胃腸の働きが弱っているということですが、本来なら排出されるべきものが体内に残っているために、体全体のメカニズムがそれを排出させようとかかりきりになり、そのためにほかの期間に何らかの影響を及ぼしたりというようなことのために感度が鈍り、精力が衰えているということもあります。

 

このような時にでも、自然療法で便通を良くすることで、結果的に勃起機能が回復し、精力も復活してくるのです。

 

自然療法とは、精力の衰えたあらゆる原因を多角的に直すことによって、精力を復活させてしまうのです。

 

自然療法の考えは、食事療法・物理療法・漢方療法の三つを完璧に実践するために、それぞれの専門の知識が必要になってきます。

 

強壮・強精・媚薬と言った精力剤が、まさに漢方療法に当てはまるのです。

 

健康的な生活習慣を維持しながら、同時にこれらのものを服用することで、精力が衰えることなく、維持することができるのです。

 

精力剤の助けは、勃起不全などの精力が減退した人にはとても有効です。迅速かつ無理することなく勢力を復活させるためには、やはり精力剤が役立つのです。

 

自然治癒力を高める方法

 

自然治癒力を高める方法

自然治癒力を高めるには、食事療法・物理療法・漢方療法などの方法があります。

 

食事療法とは

食事療法とは、正しい食事をすることです。逆に自然治癒力が衰える原因も食事あるともいえます。

 

暴飲暴食や変色などを行っていれば、体に悪い影響が出るのは当然です。

 

たとえ食事に気を付けていたとしても、現代では食べ物に食品添加物などが含まれている加工食品などが多く出回っているために、知らず知らずのうちに健康が侵されてることもあるのです。

 

簡単に始める方法は、食べ物のすべてを取るということです。

 

具体的には、魚を食べるなら、内臓からしっぽまで、野菜なら葉から根まで、コメなら精米していない玄米を食べるということです。食材のすべてを取り入れることで、バランスよく効率的に、栄養素を吸収することができるのです。

 

物理療法とは

物理療法とはツボやお灸。気功、などを含めた物理的な治療のことです。その専門書や専門の医療機関もたくさんあります。

 

自分で使用と思っても、ある程度の知識がないと有効ではありませんので、注意が必要です。
自分でできるものとしては、ジョギングなどの運動などがあります。散歩や軽いスポーツを行い、お風呂に入るだけでも、心身のリフレッシュに役立ちます。

 

漢方療法とは

漢方療法は、その名の通り、漢方薬を使用する方法です。民間薬などを含めた自然の生薬を服用することです。

 

体が弱りすぎ、食事療法だけでは健康を維持できないような場合には、特に必要になってくる療法です。病気を治療するという意味でも、欠かすことができないものです。

 

しかし、漢方療法だけを行っていたのでは、その効果を効率よく高めることはできません。食事療法も物理療法も一緒に行うことによって、その効果は相乗的に高まり、より完璧なものに近づくのです。

 

体が健康になると、精力が衰えることの予防にもなります。

 

精力減退予防について

 

精力減退予防

精力は健康を知る上での物差しです。精力がちょっとでも減退したと感じたり、インポテンツの症状があったら、早めに対処する方が完治の可能性が高いです。

 

そのためにもちょっとでも疲れたなと感じたら、すぐ休憩することも大切なのです。体力に自信がある人に限って、無理をしてしまいがちです。

 

いつまでも若いと思っていると、知らず知らずに疲労がたまっていき、気がついた時にはどうしようもない状態になっていた、ということはよくあることなのです。過労死などはその極端な例だともいえるでしょう。

 

また、スポーツなどの適度な運動で気持ちよく汗を流すことも、日頃の緊張を和らげ、気分をリフレッシュさせるのには効果的です。

 

ただし、自分の心配機能を超えるような無理な運動をしたり、勝敗にこだわって向きになったりすると、かえって体にとっては悪い影響が出ることもあります。

 

ゴルフなどもいい運動になりますが、接待ゴルフともなるときを使うばかりで、かえってストレスをためてしまうことにもなりますから、あくまでも自分の楽しみとしてクラブを振りましょう。

 

食事はとても大切なことです。暴飲暴食や変色をしている人には、どんなにストレスを解消していても、知らず知らずのうちに体がむしばまれ、性力にも影響してきます。

 

特に、性機能の働きを促すホルモンの分泌量は年齢とともに低下していきます。ことさら性のつく食べ物を食べなくても、バランスのいい食事をしている限り、ホルモンの低下をある程度抑えることができるのです。

 

自分では変色しているつもりがなくても、気がつくと同じようなものばかり食べていたということはよくあることです。栄養バランスを考える一つの目安として、東洋医学の「陰陽」の考え方があります。

 

植物を陰と陽に分けて、陰の食部と取りすぎていると感じたら、陽の食物を食べ、陽の植物を食べ過ぎていると感じたら、陰の植物を食べます。なるべく陰陽のバランスを心がければ、栄養のバランスが保たれるのです。

 

 

動き回る動物は、動かない植物に対して陽性で、動物の中でも陸上に住む動物は、水中にすむ魚類に対して陽性です。

 

植物の中でも、地中に埋まっている根菜は陰性で、葉っぱ物の野菜は陽性です。暑い夏は環境が陽性なので、自然界には陰性のものが多く、寒い冬の陰性を耐え抜くためには陽性の野菜が自然に取れやすくなっています。

 

熱帯地方では陰性の野菜や果実がとても豊富です。ですから、熱帯地方で取れる果実を日本の冬に食べると、体を冷やす働きが強く働いてしまうのでよくありません。

 

また、陽性の肉や魚料理には、陰性の野菜を温野菜にして、たっぷり付け合わせるとバランスの取れた言い食事になるのです。


更新履歴